2016年06月09日

6月の濃い研究!

小学校の各学校では,運動会を終え,いよいよ各学年推進委員会の活動が活発です。
*3年委員会では,先日の取材を受け,単元の中核を固め,それを支える基本要素もほぼ固まってきました。小中社会科7年間の入り口の3年生の研究ということを自覚,意識して,学びがいのある学習を構築中です。
*4年委員会でも,先月の取材を受け,素材→教材化の話合いを入念に行っています。学習問題づくりの討議もかなり進んだので,次回以降の詰めが楽しみです。
*5年委員会では,運動会振休の午前に,果敢に取材に挑んだ5年委員長の熱さが十分に部会に伝わり,部会としての取材につながりそうです。ほぼ中核も固まってきましたので,あとは,いかに材料を集め,捨て,シャープな追究活動を組むかが話合いの中心になりそうです。
*6年委員会は,授業単元にかかわる素材集めが活発です。北鎮記念館・加藤隼戦闘隊…,材料は抱負に,追究はシャープにを具現化する授業づくりが進んでいます。

各推進委員会に顔を出していると本当に「」を感じます。いいです。授業ももちろん大切ですが,時間も忘れて討議する姿は実に頼もしい限りです。

残り4ヵ月半。まだまだを上げていきます!

事務局次長 三浦 一路
posted by 旭教研社会 at 20:00| Comment(0) | 日記