2016年10月05日

指導案を公開しました!

第71回北海道社会科教育研究大会旭川大会の7本の授業指導案を公開しました。
当部としては,指導案の事前公開は初めての試みです。
ぜひ!当日までにご覧いただき,より深い研究協議を進め,北海道の社会科を皆様とともに,より素晴らしいものにしましょう!

http://kyokusya.net/index.html

なお,web上では,児童・生徒の実態を割愛しています。

大会事務局次長 三浦 一路
posted by 旭教研社会 at 22:01| Comment(0) | 日記

6年プレ研

大会まで23日となりました。
旭川地区で研究推進部長を務めています田村と申します。
28日の大会では,全道の皆様にお世話になります。

旭川地区では,本日より大会に向けてのプレ研が始まりました。
スタートは第6学年。
「長く続いた戦争と人々のくらし」の学習問題づくりを公開しました。
日頃から「学び合い」を大切にしている樋口先生の指導の下,子供たちは生き生きと疑問や気付きをつなぎ合わせていました。
学習問題も,解決の見通しも,子供たちが主体的に生み出すことができ,これからが楽しみです。

大会当日は,小単元の集大成となる「深く考える場」を公開します。

プレ研の初日は,小学校の先生だけでなく中学校の先生も参加し,旭川地区が大切にしている小中連携で研究が進んでいることを実感しました。


161005.jpg
posted by 旭教研社会 at 17:09| Comment(1) | 日記

2016年10月01日

10月です!

 今日を入れて残り27日となりました。5年生部会は,これまで何度部会を開いたかしっかりと数えていませんが,20回以上は部会を開いたと思います。これだけ会を重ねると,部員同士気兼ねなく意見を言える仲になるものです。部会の中での決起集会?を開いたときも,「部会はたのしかった」という意見が部員の中から聞こえてきました。もちろん部長の私も楽しく社会にどっぷりとつかりました。各地からたくさんの方がいらっしゃると思いますが,授業について,研究について,よい意見の交流ができれば幸いです!旭川の地でお待ちしております!                  
              社会科部会小学校5年生部会委員長 二階堂 貴裕
posted by 旭教研社会 at 15:19| Comment(0) | 日記

2016年09月30日

9月が終わります。

いよいよ大会まで残り1ヵ月を切りました。いよいよ開催の10月を迎えます。
全道各地区の皆様も,責任提案の最後の詰めの時期でしょうか。
旭川でも研究部の動きが活発です。というか4月からずっと張りっぱなしの研究部です。各部会でも指導案レベルの話から本時のミクロな詰めを進めているところです。手前味噌ですが,私はほんとうに大会当日の授業が楽しみです。「社会科の新たな息吹を」のキャッチフレーズに負けない授業が出来上がりつつあります。当日はたくさんの御批正をお願いいたします。
一方,事務方の仕事も大詰めです。先週から今週頭にかけては,各地区事務局長様に参加ご協力の依頼をさせていただきました。皆様本当に温かい対応で感謝の気持ちでいっぱいです。社会科の仲間の絆の深さを改めて感じているところです。おかげさまで,参加者数も順調に伸びてまいりました。また,紀要も現在2校の校正を行っているところです。製本版が楽しみです。
サボり気味だったブログやHPの更新も適宜進め,旭川大会の情報,旭川の「」を伝えてまいります。どうか今後ともよろしくお願いいたします。
北海道社会科教育研究大会旭川大会 事務局次長 三浦 一路

DSC_0701.jpg
posted by 旭教研社会 at 21:27| Comment(0) | 日記

2016年07月28日

暑い,熱い一日でした

 7月26日,神楽岡小学校を会場に夏季研修会を開催しました。
 80名の会員と札幌より日野澤部長をはじめとする道社連研究部の5名の皆様をお招きして大会指導案等についての交流・検討を行いました。
 小・中学校の各学年・分野委員会とも研究紀要の第一次原稿を持ち寄っての交流となりました。この日のために,7月の通知表等作成の合間を縫って精力的に作成を進めていただきましたことに感謝申し上げます。かなり授業の具体的な姿も見えてきました。また,お互いの授業を見合うというこれまで旭川市で継続してきた取組が,指導案検討でも生かされ,新たな課題を明らかにし,更に充実した授業に向けての取組を支えることにつながりました。
 道社連研究部の方々にも様々なご助言をいただき,より交流を深めることもできました。
 この会の冒頭には,全道各小・中学校に配布する二次案内の袋詰め作業を行いました。各地に昨日発送させていただきましたので,まもなく学校に御案内が届くと思います。全道から多くの方々に参加いただき,旭川の研究に対してご意見をいただきたくお願い申し上げます。

事務局員:太田健
posted by 旭教研社会 at 08:08| Comment(0) | 日記